ジョブサムネ スピリットランサー
※下記は私の主観が入ってしまっています。ご了承ください。

<特徴>

近接での攻撃をメインとするヒーラージョブ。エイド・モールなどの支援スキルによりシークレットコアを発生させることができる。アタックブーストを発動することでアタッカーとしての性能が引き出されるため、通常状態では少し貧弱。
 
スピリットランサーのアビリティには、タッチアクションの性能アップ系、エンチャント時の強化などの補助的なものが多くなっている。

近接で戦う場合はアラム・スレイアラム・ファングなどを駆使しながら、遠距離で戦う場合はコル・スパイクなどを駆使しながら攻めるのが一般的戦闘スタイル。

スピリットランサーは攻撃と回避によってスピリットゲージを溜め、満タンにすることでアタックブーストヒールブーストを発動することができる。
アタックブーストは攻撃スキルのヒット数アップ、回避性能アップなど、ヒールブーストは発動時PT全員のHP回復、PT全員の状態異常耐性アップ、支援スキルに攻撃力アップ効果追加、回避性能アップなど。

基本的にはプリーストがPTに入るかどうかによって戦闘スタイルを変えていくのがよい。プリーストがいない場合はヒールブーストによってエイド・モールウォール・グラスタキュア・グラスタに攻撃力アップ効果を追加しPT全員に付与するほうがよい。いる場合は基本的にプリーストがアタックライザーを行うためアタックブーストを選択するほうがよい。
ヒールブーストの攻撃力アップ効果によりアタックライザーの効果を上書きしてしまうため。さらにPTに支援スピランがいる場合はアタックブーストを選択するほうがよい。


アラム・ファング()(☆☆★★★)
攻撃スキルのためLv10必須。
斬り上げとともに自身もジャンプし攻撃するスキル。さらに追撃で切りつけ上昇することができる。
雑魚敵を打ち上げ攻撃することができることや、フォル・スラストの高度稼ぎ、弱点が高い位置にある敵に対してアラム・スレイなどを当てるための高度稼ぎに有効。
チャンス効力が比較的高い。 
 
アラム・スレイ()(☆☆★★★)
攻撃スキルのためLv10必須。
回転しながら周囲の敵を攻撃するスキル。
地上と空中で発動可能。
空中発動は空撃(シーカー)がのる。
のけぞり、吹き飛び中にも発動可能。
雑魚敵への強気な攻め、大型の通常時の弱点への攻撃に有効。

コル・スパイク()(★★★★★)
攻撃スキルのためLv10必須。
霊力を溜め敵に飛ばす遠距離スキル。ヒット後追撃有り。
自身で狙いがつけれるため、弱点への攻撃、コアへの攻撃(コア削り)に向いている。
疲労効力、チャンス効力、状態異常蓄積値が非常に優秀。
構え中はスタミナが自動回復しなくなる。
構え中であれば、スカー・ムーブ可能。
上方向への射角が狭いのが難点。 

ウォール・グラスタ()(☆☆★★★)
性能を発揮するためにはLv6以上あればよい、Lv10ならばなおよし。
体力回復と防御力アップ(被ダメ15%減)する霊力エリアを展開する。
ヒールブースト時に発動するとPTメンバーの攻撃力を1.1倍にする効果がある。
※防御アップ効果はディフェンスライザーを上書きしてしまい、攻撃力アップ効果はアタックライザーを上書きしてしまうため注意が必要。プリーストがいる場合はヒールブーストをしていない通常のウォール・グラスタ(防御アップのみ)を使用するのがおすすめ。
 
コル・ストルム()(☆★★★★)
攻撃スキルのためLv10必須。
槍を振り回し連続攻撃をするスキル。
攻撃回数によって最後の一撃の威力が変化
発動中スカー・ムーブでのキャンセルが可能。
ダウン時の攻撃として有効。
 
シュクリス・ブラスト()(☆☆★★★)
攻撃スキルのためLv10必須。 
攻撃することで衝撃波を放つ霊球を設置するスキル。
霊球は攻撃を受けることで霊力が溜まり起爆することも可能 起爆は空中発動可能。
設置するだけで攻撃に付加価値を付けることができる点が優秀。

キュア・グラスタ()(☆☆☆★★)
性能に影響するためLv10必須。
自身を中心に体力と状態異常を回復する霊球エリアを展開する。溜め時間によって範囲や性能が変化する。
中に入れば回復する。ただし、ステータス低下する状態異常や呪いなど治せない状態異常があるので注意が必要。
ヒールブースト時に発動すると範囲内での攻撃力を溜め最大で1.2倍、それ以下で1.1倍にする効果がある。
※攻撃力アップ効果はアタックライザーを上書きしてしまうため注意が必要。

シュクリス・ガーダー()(☆☆★★★)
性能を発揮するためにはLv6以上あればよい、攻撃に使う場合はLv10必須。
2回敵の攻撃を無効化できる。攻撃を無効化した際に小ダメージを与える。
さらに、展開中に敵を攻撃することでバリアに霊力を溜めることができ、それを放つことにより強力な一撃を放つことができる。 
※最大溜め攻撃はスピリットゲージの蓄積量が他スキルより多め 

<取得必須アビリティ>

迫霊(はくれい)(コスト5)
致死状態時、攻撃によるスピリットゲージの蓄積量が増加する。
※スピリットランサー専用アビリティ

臨活(りんかつ)(コスト5)
ブーストを発動すると、スタミナが回復する。
スタミナ消費が激しいのであると便利。 
※スピリットランサー専用アビリティ
 
避活(ひかつ)(コスト3)
敵の攻撃をスカー・ムーブで回避することによりスタミナが回復する。
※スピリットランサー専用アビリティ
 
避霊(ひれい)(コスト6)
敵の攻撃をスカー・ムーブで回避することによるスピリットゲージの蓄積量が増加する。
※スピリットランサー専用アビリティ

長癒(ちょうゆ)(コスト7)
エイド、エイド・モールの展開時間延長。
コア出し、触芽封じに有効。
※スピリットランサー専用アビリティ

延臨(えんりん)(コスト13)
ブースト中のスピリットゲージ減少速度が低下する。
主にアタックブースト時に有効。
※スピリットランサー専用アビリティ

封芽(ふうが)(コスト7)
触芽の封印時間延長。
※スピリットランサー、プリースト、エレメントアーチャー専用アビリティ

減侵(げんしん)(コスト7)
侵食の状態異常にかかりにくくなる。

侵壊(しんかい)(コスト6)
侵食核に与えるダメージアップ。

合附(ごうふ)(コスト8)
エンチャントを受けた際に同属性の状態異常にかかっている敵に対してダメージアップ。
例:エンチャントを受け凍結させた敵へのダメージアップ。
※セージのフォースエンチャント、アルケミのレクス・エレメンタ、シーカーの火炎衣の属性付与時に効果あり。

属附(ぞくふ)(コスト9)
エンチャントを受けた際に付与される状態異常値が増加。
※セージのフォースエンチャント、アルケミのレクス・エレメンタ、シーカーの火炎衣の属性付与時に効果あり。

侵狙(しんそ) (コスト10)
種族への与ダメアップ系アビリティ。侵食系を相手にする場合に必要となる。

強附(きょうふ) (コスト12)
エンチャントを受けた際に敵に与えるダメージアップ。
※セージのフォースエンチャント、アルケミのレクス・エレメンタ、シーカーの火炎衣の属性付与時に効果あり。


<他ジョブの必須アビリティ>

◆ 攻炎、攻氷、攻雷、攻闇、攻聖(ソーサラー)
武器に属性が付いている場合、攻撃の威力が上がる。(すべてのジョブで必須)

◆ 闘勢、壮腕、猛攻、本領(ファイター)
筋力を上げるアビリティ。物理攻撃の威力が上がる。(すべての物理攻撃ジョブで必須)

◆ 剛攻(シーカー)
筋力を上げるアビリティ。物理攻撃の威力が上がる。(すべての物理攻撃ジョブで必須)

◆ 長露(プリースト)
シークレットコアの持続時間延長。
スピリットランサーはエイド・モール、ウォール・グラスタ、キュア・グラスタなどでシークレットコアを出すことできるため、持続時間延長は重要。


<他ジョブのおすすめアビリティ>

◆ 空撃(シーカー、鑑定ジュエリー)
空中発動のスキルの威力が上がるアビ。
主にアラム・スレイの威力アップに有効。
コストが重いのが難点。

◆ 烈墜(シーカー、鑑定ジュエリー)
高所から落下することで威力が上がるスキルの威力が上がるアビ。
フォル・スラストの落下ダメージの威力があがる。
槍墜 倒、槍墜 破のほうがコスト的にも攻撃力上昇値的にも優秀なのでそちらを優先したい。

◆ 快動(アルケミスト)
スタミナ消費を軽減できるアビ。


<コア削り用スキル>

◆ コル・スパイク、コル・ストルム、アラム・スレイ、イラー・スラストなど

まず、シークレットコアを発生させる。

あとは、自身もコル・スパイクを使用してコア削りに参加しましょう。 


コル・スパイクを入れていない場合は

コアの低い敵や睡眠でコアが落ちてきた場合コル・ストルム

コアが高いがジャンプで届く場合はアラム・スレイ。 

コアを狙うのが非常に困難な場合はしがみつき攻撃のイラー・スラスト

※どのスキルもアタックブーストを発動することによりヒット数増加しコア削りの性能がアップする。 


<ブレイク用スキル>

◆ コル・スパイク、アラム・スレイなど

ソーサラーやアルケミストのようにブレイクが飛びぬけているわけではないので、
主にコア削りと並行して行うのがベストです。 
どちらも弱点に当てにいきやすいスキルのためブレイクを狙いやすい。

どのスキルもアタックブーストを発動することによりヒット数増加しブレイクの狙いやすさもアップする。  


<ダウン狙い用スキル>

◆ コル・スパイク、アラム・ファング など
 
アラム・ファングからのフォル・スラスト(+槍墜 破)。

どのスキルもアタックブーストを発動することによりヒット数増加しダウンの狙いやすさもアップする。 


<フィニッシュ用スキル>

◆ コル・ストルム、アラム・ファング+フォル・スラスト(+槍墜 倒、+槍墜 破)、シュクリス・ブラスト、シュクリス・ガーダーなど
(ヒールブースト時のエイド・モール、ウォール・グラスタ、キュア・グラスタでの支援)
 
まず、プリーストがPTいるか、いないかが重要となる。

プリーストがいる場合、アタックブーストを選択し攻撃を行うのがよい。

プリーストがいない場合、ヒールブーストを選択しウォール・グラスタでPT全員の攻撃力を1.1倍にする。
※キュア・グラスタを使用する場合は必ず最大まで溜めて攻撃力1.2倍にして使用するほうがよい。GMなどの人数が多い場面ではキュア・グラスタのほうが有効。


主にフィニッシュ時にはコル・ストルムでの攻撃。

もしくは、アラム・ファング(遅らせ追加攻撃)からのフォル・スラストも有効。
※ダウン時はどうしても追加攻撃が入れにくかったり、フォル・スラストがうまく当たらない、位置ズレしていくなどがあるので安定はしにくい。


補助としてシュクリス・ブラストを発動しておくことにより、DPSの底上げが可能。
※コル・ストルムは発動時間が長いため、石化などの延長がないとブラストを最大限生かしにくい。

さらに、攻撃前からシュクリス・ガーダーを発動しておくことにより、ダウン攻撃でも霊力がたまるので、起き上がる前に発動すると大ダメージ。
※通常時はダウンより少し前から発動しておく必要あり。


<おすすめ武器クレスト>

◆ 属性クレスト1個+物理攻撃力アップクレスト3個

攻撃メインのジョブは主にこのかたちが一般的です。
例:氷凍結のクレスト1個+剛力クレスト3個

◆ 状態異常クレスト×4個
 
コル・スパイクによる状態異常蓄積値の高さを利用して状態異常を狙う場合はこちらもあり。
ただし、氷凍結のクレスト4つで凍結を狙う場合、コル・スパイク自体が氷属性のスキルではないため他属性のエンチャントを受けると凍結させることはできなくなる。
※スピランはあくまで攻撃メインのジョブであるため状態異常はサブ武器で狙うのがよいでしょう。

※上記は複合クレスト以外でのおすすめになります。


<カスタムスキルセット例>

コア削り用、ダウン狙い用、フィニッシュ用スキルは必ず入れましょう。(併用できるスキルがあると便利)


● ウォール・グラスタ、シュクリス・ブラスト、コル・ストルム、コル・スパイク(汎用スキル組み合わせ)

● アラム・ファング、アラム・スレイ、コル・ストルム、コル・スパイク(汎用スキル組み合わせ) 

※セット例ですので自分の使いやすいスキル、敵に合わせたスキルをお使いください。


<テクニック>

◆ エイドなどによるコア出し
シークレットコアが発生する敵に対しては最優先でコアを出しに行かなくてはならない。
コア出しには、エイド・モール、ウォール・グラスタ、キュア・グラスタによるコア出しがある。
エイドを張り付けるコア出しかウォール・グラスタの効果によって近づいたPTメンバーにコアを出してもらうのがベスト。
 
◆ スピリットゲージの確保
スピリットゲージは基本的に、攻撃もしくはジャスト回避によって溜まる。
接近戦を行い攻撃と回避によって溜める方法とコル・スパイクによって遠距離から溜める方法があるが、できるだけ攻撃回数を増やしてダウンまでにはゲージを満タンにしたい。

◆ ブーストの選択と使用例
基本的にはヒールブーストを選択するほうがよい。
※アタックブーストで自身のみを強化する(ヒット数が増えることにより最大でも1.4倍ほどダメージ向上)よりもPTメンバー全員(主に赤職)を強化するほうがダメージ的にもよいため。
プリーストがいる場合はヒールブーストの効果によってアタックライザーの効果を潰してしまうため、アタックブーストを選択する方がよい。

ヒールブーストを使用する場合、ヒールブーストを発動、ウォール・グラスタ(エイド・モール、キュア・グラスタ)発動の後すぐにヒールブーストを解除するほうがよい。

アタックブーストを使用する場合、ダウン時にも効果が持続しているように使用したい。
コア削り、浸食核の破壊から発動し、ダウン時にも効果が持続するように発動するのもあり。
※延臨(アビリティ)があると持続させやすい。

◆ エイド・モール(ヒールブースト発動時)による支援
ダウン時にエイド・モール(ヒールブースト発動時)を敵弱点付近に設置することにより範囲は狭いが近接職のみ攻撃力1.1倍の効果ある。
※主にウォール・グラスタ、キュア・グラスタがない場合

◆ シュクリス・ガーダーを利用した救出
即死が頻繁に発生するような上級コンテンツでは、敵の攻撃が激しく助け起こしをするのが非常に困難になります。シュクリス・ガーダーは2回攻撃を無効化できるのでガードビットほどではないですが安全に救出することができます。 
 
◆ シュクリス・ブラストによるシールドセージへの援助
シュクリス・ブラストはシールドセージのフォースアンカーの対象となりフォースゲージを溜めることができるため、戦闘が始まる手前で溜めさせてあげることにより、より円滑に戦闘が行える。


<まとめ>

とにかくコル・スパイク!!

フィニッシュ攻撃前にブラストorガーダーを発動!

フィニッシュはストルムorファング+フォル・スラスト!